Alfa SPAZIO
planning PRESS&SEMMINAR TEACH&CONSULATION
 
 
planning
Room  
Living
sp 正面は和紙プリーツスクリーン。リビング全体をやわらかく包みこむスクリーンをおろせば、夜の空間に。くつろぎの時間のはじまり。 sp

living_b&a
sp リフォーム前の場面。明るくそれなりの空間ですが、ホールの狭さや片開きドアの使いにくさが容易に想像できます。 これでも充分改装済みで流通する物件ではありましたが、クライアントはこの空間をドラマティックに変化させ、まったく新しい(古い??)住まいに変えることを望みました。 sp 右手の水屋箪笥、このサイズと素材・カラーがキッチンをはじめとして全体のプランニングを決めたキーグッズです。梁が空間を緩やかに仕切っている感じがつたわってきます。 sp

roof
sp マンション購入の決め手がこのロケーションと伺った。大江宏氏設計の国立能楽堂の幾重にも重なる屋根。晴れた日には遠く箱根の山が見られる。最近はこの屋根を朝7:00に「ゆうゆう」と散歩する「Cats」を早起きして眺めるのが日課とか。冬暖かく、夏は抜群の風通し。ベランダも少しづつ好きな草花でつくられていくようです。

sp
    このページのTOPへ

mail >>email
 
トップ | プランニング | プロダクツ | コーディネート | セミナー | コンサルタント | プロフィール
Copyright© 2007 Alfa SPAZIO Ltd. All rights reserved.